日本語放送 JSTV

番組と編成について
Q. JSTVはどんな放送局ですか?
JSTV(日本語衛星放送)は、英国・ロンドンを拠点に、ヨーロッパ、中東、中央アジア、北アフリカにまたがる広大な地域をカバーする最大の日本語メディアで、日本のニュース、番組をお送りしている有料放送局です。日本と同時放送のNHKテレビ国際放送のニュース(ノンスクランブル)をはじめ、日本国内で制作・放送されている民放の番組をお送りしています。

JSTVがカバーしているエリアは日本の国土の数十倍、60カ国以上にわたります。その東と西では4時間もの時差があり、それぞれの地域の生活時間も考慮しながら、よりよい編成に努めております。
「よくあるご質問」トップに戻る

Q. 日本のNHKや民放各局と同じ番組が視聴できますか?
JSTVで放送されている番組は、NHKや民放で制作されたものです。しかし、海外において日本で制作された番組を放送する場合にはさまざまな制約があるため、そのすべてをJSTVで放送できるわけではありません。
「よくあるご質問」トップに戻る

Q. 日本で話題の番組はかならず放送して欲しい。
残念ながら日本で高視聴率を取り、話題になっている番組でもJSTVでは放送できないケースがあります。
基本的に日本の番組の多くは日本国内での放送を目的に制作されています。海外での放送の場合は、被取材者、出演者や番組関係者のさまざまな事情により許可が下りないものもあります。また、海外放送用に別途権利処理のコストが多額に掛かってしまうため制作元の放送局で海外配信を見合わせる場合、JSTVはそうした番組を購入して放送することができません。
「よくあるご質問」トップに戻る

Q. 番組が日本での放送よりも遅れて放送されるのはなぜですか?
各放送局で、海外に放送するための著作権処理や伝送作業などが必要となるためです。NHKでは海外での放送を前提に作られている番組の割合が高いため、こうした処理は比較的早く進められていますが、民放の場合は必ずしもそうではないため、それぞれの契約を確認し、細かい著作権の処理にどうしても時間が掛かってしまうのが実情です。
「よくあるご質問」トップに戻る

Q. 予定されていた番組が突然「放送休止」になるのはどうしてですか?
NHKの主な番組は、日本国内と同日放送でお送りしています。
しかし、番組制作と海外放送のための著作権処理が、放送予定日の一ヶ月以上前に行われているJSTVガイド編集時にはまだ終わっていないケースがほとんどで、実際に海外放送が可能かどうか、その時点では確定されていないこともあります。ガイドを発行したあとで、NHKでの番組の制作スケジュールが変わったり、海外での放送許可が下りなかったりした場合、やむを得ず番組を差し替えて放送することがあります。放送可能かどうかが判明する時期は番組によるため、放送予定日の数日前から当日になることもあります。番組の休止・変更の情報は、放送予定日の前夜からホームページ、あるいはJSTV1、JSTV2で放送している番組ガイドでお確かめになれます。

また緊急報道の影響で、突然日本からの番組伝送の予定が変わり、JSTVで予定の番組を休止、別番組に変更せざるを得ない場合もあります。NHKはもちろんのこと、民放の番組も同様です。その場合、当初予定されていた番組は別の日に放送しても差し支えない限り、日時を変更してお送りします。
「よくあるご質問」トップに戻る

Q.「放送権の都合により」見られない映像があるのはどうしてですか?
他の国の衛星チャンネルではまず見かけないこの「蓋かぶせ」ですが、ユーロニュース、BBCワールドなどニュース専門衛星チャンネルでは、地上波とは違う独立したニュース制作をしているため、海外での放送が出来ない映像をはじめから使用していません。それらのニュース専用チャンネルと、日本国内放送向けのNHKニュースをそのまま再送信しているJSTVやほかの衛星チャンネルとは事情が異なっています。
「よくあるご質問」トップに戻る

Q. NHKが国内で放送するオリンピック、サッカーW杯の試合映像は見られますか?
残念ながらJSTVだけでなく、NHKから映像配信を受けている全世界の放送局では放送することが出来ません。

近年、スポーツ映像の放送権は天文学的に高騰しており、映像使用についても厳しい制約があります。放送権契約はたいてい放送される国単位となっており、日本国内に限った放送用だけでもNHKと民放がコンソーシアムを作り共同出資して数百億円に及ぶ放送権利料を、国際オリンピック委員会等に支払わなくてはなりません。

JSTVは、NHKから配信を受けた「海外」での放送になるため、このコンソーシアムには含まれません。国内放送向けのNHKとは違い、JSTVがカバーするエリアは70カ国以上に及ぶため、JSTVはもとよりNHKではとても支払いきれない天文学的な放送権料が生じるため、JSTVではこれらの映像を放送することができません。

しかし視聴者の皆様のご要望に少しでもお応えできるようNHKに働きかけを行い、映像の使用に厳しい制約はありますが、ニュース番組の一部として、前日の競技結果をお伝えするハイライトをお伝えしております。尚、期間中は通常の番組の時間・内容が大幅に変更されます。番組ガイド・HPでお確かめのうえご覧ください。
「よくあるご質問」トップに戻る

Q. 番組の間にミニ番組やフィラーが放送されるのはなぜですか?
JSTVはNHKの5波と民放5社からの番組から成り立っています。民放の番組は1時間番組といってもCMがあるため実際の長さは異なります。NHKの番組も30分といっても実際は29分30秒だったり、番組によって長さがまちまちです。このためどうしても番組と番組のつなぎ目にすき間が空いてしまいます。短かいミニ番組やフィラーと呼ばれる長さの決まっていない映像を挿入する必要が出て来るのです。
「よくあるご質問」トップに戻る

Q. 番組の副題を知りたいのですが?
主な番組については、ホームページの番組ガイド(カレンダー版)で、放送日の前日の夜に副題を掲載します。お客様にお送りする月刊ガイドを作成している段階では、副題が決まっていない番組がほとんどです。最終的に番組編成と副題が確定するのが、放送日前夜となるため、それ以前の掲載が出来ません。またガイド作成時に決まっている番組の副題を掲載することもありますが、やむをえない事情で直前に変更されることもあります。ご了承下さい。
「よくあるご質問」トップに戻る

Q. 番組のテキストはどこで入手できますか?
NHKの番組のなかには「きょうの料理」や講座番組のように、テキストを出している番組があります。JSTVではテキストの販売は行っておりませんが、OCS(海外新聞普及株式会社)など日本から書籍・雑誌を配送する有料サービスを行っているところや、日本の大手書店などで海外からでも直接ネット上で書籍が購入できます。また、お住まいの街に日系書店があれば、そこから注文してもらえる場合もあります。

またパソコンやタブレットやスマートフォンなどのデバイスから読むことのできるNHKテキスト電子版もオンライン上の電子ストアから購入が可能です。購入方法など詳しくはNHK出版ホームページよりご確認下さい。

OCS (http://www.ocs.co.jp)
NHK出版 (http://sp.nhk-book.co.jp)
「よくあるご質問」トップに戻る


日本語衛星放送 JSTV
2018 NHK Cosmomedia (Europe) Limited. All rights Reserved.
NHK Cosmomedia (Europe) Limited. is registered in England and Wales (company no.2441293).
Registered office: 65 Clifton Street, London, EC2A 4JE, UK