日本語放送 JSTV
 大河ドラマ 『西郷どん』 ーあらすじー 【公式サイト】
3月25日 第12回「運の強き姫君」 4月8日 第13回「変わらない友」 4月15日 第14回「慶喜の本気」 4月22日 第15回「殿の死」
 篤姫は江戸に来て2年経つが、未だ将軍家への輿入れが決まらない。吉之助は幾島と他の藩や大奥へ働きかけ、本寿院との接触に成功。ようやく婚儀が正式に決まる。しかし将軍・家定との間に子は授からぬ事を知った吉之助は、篤姫が背負う悲しき宿命に心を痛める。そんな夜、篤姫は吉之助にだけ秘めた胸の内を吐露することに…。  篤姫の輿入れを果たした吉之助は3年ぶりに帰郷する。西郷家はさらに貧困を極めていたが、家族や正助たちは再会を喜び質問攻めにする。けれど斉彬の密命を担う吉之助は話せないことばかり。友との間に埋まらぬ溝が出来てしまう。そんなとき老中阿部正弘が急死。斉彬の構想は揺らぎ、江戸に戻ることになった吉之助は正助も薩摩から連れ出そうとするが正助は激怒する。  アメリカ総領事ハリスが将軍家定に謁見するが、幕府は対応策がなく混迷を極めていた。江戸に戻った吉之助は橋本左内とともに一橋慶喜将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。大奥では篤姫の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院は大激怒。吉之助と左内は八方塞となる。さらに井伊直弼が放った刺客が慶喜に迫っていた。  篤姫と将軍家定は仲睦まじい日々を過ごしていたが、突然家定が病に倒れる。それに乗じ井伊直弼が大老職に就き、次期将軍は紀州の慶福と決まる。吉之助は急ぎ薩摩に戻り、斉彬に報告するが、斉彬は万策尽きたこと告げ吉之助を役目から解いてしまう。落胆するばかりの吉之助に正助は激怒。やがて斉彬は薩摩軍を率いて京を目指す上洛計画を始動する。
日本語衛星放送 JSTV
2018 NHK Cosmomedia (Europe) Limited. All rights Reserved.
NHK Cosmomedia (Europe) Limited. is registered in England and Wales (company no.2441293).
Registered office: 65 Clifton Street, London, EC2A 4JE, UK