日本語衛星放送 JSTV
 大河ドラマ 『おんな城主 直虎』 ーあらすじー 【公式サイト】
10月1日 第39回 10月8日 第40回 10月15日 第41回 10月22日 第42回
 龍潭寺で直親の十三回忌法要が執り行われ、直虎は虎松と6年ぶりの再会を果たす。しのは虎松を松下の嫡男として徳川家に仕官させたいとの意向を伝える。しかし虎松は亥之助とともに井伊の豊かな里を見てまわり、直虎の領主としての手腕に感嘆するとともに、秘かに井伊家の再興を決心する。そしてついに虎松が家康にお目見えする日がやって来る。  虎松は家康から「万千代」という名を与えられるが、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられる。虎松が松下の名を捨てたことに驚いたしのは、裏で根回しをした南渓のもとを訪れ、怒りをぶつける。直虎も井伊家の再興は望んでおらず、虎松を説得するため浜松へ向かう。一方、虎松は亥之助とともに慣れない草履番の仕事に悪戦苦闘していたが…。  小姓になるための条件として草履番の後釜を育てることになった万千代と万福。そこにやってきたのはノブという謎の中年男だった。一方、直虎は松下家から帰還した六左衛門を近藤の家臣とするため尽力していた。そんな中、武田軍の遠江侵攻が始まる。家康が戦支度のため大量の材木を必要としているという情報を聞きつけた万千代は、初陣を飾るため材木の切り出しを井伊に要請するが…。  徳川家康はついに武田との決戦地・長篠へと出陣する。井伊から材木を調達して初手柄をつかもうとした万千代だったが、直虎がその動きを阻んだため無念の留守居を命じられることになる。長篠では家康と合流した信長が、鉄砲を用いた奇策を披露していた。この戦に徳川勢として参戦していた直之と六左衛門は不足していた材木を調達した功が認められ、信長と対面することになるが…。
日本語衛星放送 JSTV
2017 NHK Cosmomedia (Europe) Limited. All rights Reserved.
NHK Cosmomedia (Europe) Limited. is registered in England and Wales (company no.2441293).
Registered office: 65 Clifton Street, London, EC2A 4JE, UK