日本語放送 JSTV
 大河ドラマ 『西郷どん』 ーあらすじー 【公式サイト】
8月5日 第29回「三度目の結婚」 8月12日 第30回「怪人 岩倉具視」 8月19日 第31回「龍馬との約束」 8月26日 第32回「薩長同盟」
 禁門の変、長州征伐で名を挙げた吉之助が1年ぶりに薩摩に帰る。すると周囲は薩摩を代表する男に早く嫁を!と騒ぎたて、花嫁候補が西郷家に押し寄せる。そんな中、一蔵の妻・満寿が糸を吉之助に引き合わせる。糸は一度結婚したものの離縁して実家に戻っていた。妹・琴も乗り気で再婚話を推し進めようとするが、糸は「自分は吉之助にふさわしくない」と固辞する。  京に戻った吉之助は一蔵とともに朝廷工作の切り札として岩倉具視を訪ねる。岩倉は下級の公家ながら、かつて孝明天皇の妹・和宮と将軍徳川家茂の縁談をまとめた凄腕。しかし今は朝廷から追放され貧しいちっ居生活を送っていた。生気を失い会えば金の無心。どうも当てにならない。そんなとき桂小五郎と岩倉の家で再会。薩摩は裏切りモノと憤る桂に一蔵も激怒。一触即発の事態となる。  慶喜が再び長州征伐を断行しようとする中、吉之助は坂本龍馬を薩摩に連れて帰る。龍馬は雨漏りする西郷家に驚き清貧を貫く吉之助に惚れ直す。既に幕府を見限った吉之助は、長州は朝敵ではなく倒幕のために共闘すべき相手だと考え始めていた。そんな吉之助に龍馬は「自分なら両藩の手を結ばせることができる」と早速、桂小五郎に接触する。  ついに、孝明天皇より二度目の長州征伐の勅命が下された。それに対し、大久保一蔵は、「義のない勅命は勅命にあらず」と幕府に従わない姿勢を明確に打ち出す。吉之助は龍馬に、再び長州との仲を取り持ってほしいと頼み込む。龍馬は長州のために薩摩名義で銃や軍艦を買い揃えると桂小五郎を説得するが、薩摩に対する不信感が強い桂は腰をあげようとしない。
日本語衛星放送 JSTV
2018 NHK Cosmomedia (Europe) Limited. All rights Reserved.
NHK Cosmomedia (Europe) Limited. is registered in England and Wales (company no.2441293).
Registered office: 65 Clifton Street, London, EC2A 4JE, UK